建て方工事

2007年06月23日

「ただいま新築工事中!~省エネ・エコの家 WB工法~」 №16
小田原の工務店アシストホーム


==========================================================
 多くの人が家づくりに失敗にするのは理由があります!
 誰も教えてくれなかった、いや言いたくなかった
 家づくりの秘訣を公開します。
 これを読めば、必ず家づくりに成功します!
 もう、家づくりをスタートしてしまった人は
 ガッカリするから読まないほうがいいかも・・・
 「失敗しない土地から選ぶ家づくりの秘訣」を
 今すぐ読む
==========================================================


Kです。
こんにちは。

今回のH様邸は建て方工事(上棟)の様子です。

この日は午前中に地鎮祭があったのでH様邸に着いたのは午後でした。
↓建て方工事は午前中だけでここまで進んでいましたよサル
76028728.jpg


屋根の垂木(タルキ→屋根を支えるため、棟から軒先に渡す長い木材。)
の工事を始めていました。
ef8e8830.jpg


↓高いところでの作業。
1e55350c.jpg


こんな高いところでしかも骨組みの状態・・・。
私だったら足がガクガクして一歩も足を踏み出すことが出来ないかも知れません困った
上にのぼってみるとかなり怖いですよ・・・ヒヨコ汗
a076f0b2.jpg


赤丸のとっつあんはボヘェ~魚と突っ立ているだけに見えます。
60609b00.jpg

さぼっているわけじゃありません。違います。誤解しないでください。
このとっつあんはレッカーの運ちゃんです。
鋭い眼差しで作業の進み具合をみながら出番を待っていますキラキラ

↓鼻隠し(ハナカクシ→垂木の木口を隠すための横板)の取り付け。
66b773d9.jpg


↓大工さんが3人そろって「トーン・トーン・トーン音符
136d64c8.jpg

息ぴったり。写真だけみてるとちょっと面白いです笑顔

↓これは破風(ハフ→三角形とか斜め部分に打ち付ける板のこと)の取り付けです。
c7504cac.jpg


ちっさい屋根の鼻隠しの取り付け。
今度は2人で「トン・トン・トーン音符
bbc0743a.jpg


鼻隠しがつくと、今度は破風をつけます。
d6748569.jpg



こんな調子で「上棟!その2」へと続く・・・


ブログランキングに参加しています。
応援お願いします!
監督Kを応援クリックする→ブログランキングいちごりんご


at 14:21│コメント(0)

2007年06月22日

「ただいま新築工事中!~省エネ・エコの家 WB工法~」 №15
小田原の工務店アシストホーム


こんにちは、監督Kです。

今日は雨が降るのか降らないのかハッキリしない空模様です。雲雨
日差しがガンガンで暑いよりは過ごしやすいですけどねカエル

今回は呼吸する家、健康住宅の第一歩である土台工事の様子です。
f6c202e6.jpg


こちらの材料はスリットがいくつも入っています。
65b65714.jpg


このスリットはいったい何?と思うでしょう。
(思いますよね?思わないですかね・・・落ち込み?)
これは床材と断熱材の間の第二通気層の通気用スリットです。
この第二通気層を設けることで、
湿気がこもるのを防ぎ蒸れ腐れを防止します。
呼吸する家「通気断熱WB工法」の特徴の一つは、
建物自身が呼吸をし調湿することです。
高気密高断熱のような窒息気密住宅では不可能です。
(機械のチカラに頼らなければ無理です。ダメ)

↓土台と基礎をガッチリ接合するアンカーボルトの締め付け。
dcc98a9e.jpg


↓こちらは今回使用する基礎パッキン。薄いです。
f8248050.jpg


基礎の通気は専用の熱感知式形状記憶合金を使用した
自動開閉式通気口にて行うので、
分厚い基礎パッキンでの通気はしません。
この薄い基礎パッキンは、
基礎に土台を直接接合してしまうと土台が湿気により腐ってしまうので、
腐れを防ぐためのスペーサーです。
caca1a9b.jpg


cbcf5b42.jpg


↓ピアノのお部屋は床下補強をいれました。
588a8ca8.jpg


これで思う存分ピアノが楽しめますよ音符笑い

d274bb53.jpg


↑土台工事も終わって、次回はいよいよ建て方工事(上棟!)です家キラキラ


ブログランキングに参加しています。
応援お願いします!
監督Kを応援クリックする→ブログランキング野球泣く

==========================================================
 多くの人が家づくりに失敗にするのは理由があります!
 誰も教えてくれなかった、いや言いたくなかった
 家づくりの秘訣を公開します。
 これを読めば、必ず家づくりに成功します!
 もう、家づくりをスタートしてしまった人は
 ガッカリするから読まないほうがいいかも・・・
 「失敗しない土地から選ぶ家づくりの秘訣」を
 今すぐ読む
==========================================================

at 15:05│コメント(0)

2007年06月21日

「ただいま新築工事中!~省エネ・エコの家 WB工法~」 №14
小田原の工務店アシストホーム


監督Kです。

昨日は二級建築士の最後の模試が横浜であったので、
ブログはお休みしてしまいました。すいませんすいません

以前は横浜の方へ勤めていたので
毎日通勤していると何も感じませんでしたが、
いまになって考えると
「やっぱり横浜も遠かったんだなぁ・・・パンダ
と思ってしまいます。(感覚が麻痺していたのか?)
慣れって怖いですショック

==========================================================
 多くの人が家づくりに失敗にするのは理由があります!
 誰も教えてくれなかった、いや言いたくなかった
 家づくりの秘訣を公開します。
 これを読めば、必ず家づくりに成功します!
 もう、家づくりをスタートしてしまった人は
 ガッカリするから読まないほうがいいかも・・・
 「失敗しない土地から選ぶ家づくりの秘訣」を
 今すぐ読む
==========================================================


現場では水道屋さんが配管工事をしていました。
94bf80fc.jpg


すると、土台の材料を載せたマルダイさんのトラックが登場!
(マルダイさんのHPはちょっとインパクトがあるのでのぞいて見てください笑顔)
6b123d3f.jpg


↓次々と材料をおろしていきます。
f9b31312.jpg


6315e311.jpg


こちらの土台の材料もすでにカット済み。
257ea5fb.jpg

現場でもゴミが減るので工場でカットしてある方がありがたいです。

ちなみに今回のこの材料は、通常使用するものとは違います。
通常は土台に防虫の薬剤を加圧注入したものを使用します。
(土台がもっと黒っぽい色をしています。どこの住宅メーカーも使用しているものです)
しかし今回のH様邸は
呼吸する家「通気断熱WB工法」
のため、ちょっと土台にはこっちゃいました。
ひのきの材料を取り寄せましたよ。木
↓ひのき材。ヤング係数E110。
fa824463.jpg

ヤング係数と木材の強度は相関関係が深く、
樹種によってその相関関係が異なっています。
一般に柔軟な樹種ほどヤング係数は低いです。

今回のH様邸でひのきの材料を使用したのは、
建物が呼吸する家「通気断熱WB工法」のためです。
これは夏場などには床下の冷たい空気を建物内に取り込むことと、
床下自身も通気層として呼吸をするためです。
そのため、なるべく自然な材料を使用して、
自然な空気を利用したいと考えたからですクローバー

健康住宅の第一歩。
家の土台にもちょっと気をつかっていますカエルキラキラ


ブログランキングに参加しています。
応援お願いします!
監督Kを応援クリックする→ブログランキングスノボーメモ

at 17:25│コメント(0)